しっぽ取りを試合に活かしたトレーニング

今日のウイング岐阜のトレーニングはしっぽ取り。

相手に背中を取られないようにするゲーム。

選手たちは出した後止まる。止まって受ける。突っ込む。

などなど、相手とぶつかることが多い。

その為、ボールホルダーにタッチすると試合中でも腕立て伏せ。

ボールはルーズボールとなる。

一番は相手にぶつからなくしたい。

どうなるか見ていると、自分達でダイレクトプレーを増やし、ダイレクトがダメならスペースへ運ぶドリブル。

結果的に見たかった現象が起こった。

自然と強度も上がっていき、1日で変わったいい練習と言える。

ただまだやれたことを見ただけでやれなかったことも多い。

やれなかったことを一つずつ改善し、成長していこう。