紅白戦による選手の変化

Aチームのスタメン組とBチームとAの控え選手と紅白戦を行った。

選手の1対1の強さが際立っていて面白くなってきた。

常に攻められている状況だった前とは違い、技術がなくても意地でボールに食らいついていた。

「タッチされない」イメージを常に声を掛けていき、当たり前にできるまでずっと声を掛けていく

選手は試合の中で成長し、意識を無意識にやっていけるのだろう。

早く対外試合をしたいと思った1日だった。